住まいづくり
現在位置
ホーム > 住まいづくり

住まいづくり

住まいづくり写真

1.安全性と耐久性

健康で安心して住めるためには、バリアフリーであることはいうまでもなく、さらにシックハウスにならないために素材の安全性にも配慮してなければなりません。
また地震などの自然災害に備え、次世代や次々世代、さらにはもっと長い間、住み継がれていく耐久性が必要です。

2.ランニングコストとメンテナンス

ランニングコストを低く抑えるためには、高断熱・高気密であることが不可欠です。その点での技術的な進歩は目覚しいものがあり、新技術や新製品の情報に対するアンテナを張っていなければ時代に取り残されるでしょう。
また、長く住み継いでいくためにはメンテナンスも大事です。すべてが完璧なものはありませんが、できるだけ手間もコストもかけずに済ませたいものです。

3.デザイン

お客様の嗜好にあった上で、来訪者からは褒められるようなデザインでありたいものです。住宅は個人の持ち物とはいえ、長期に渡ってその土地にある以上、社会資本としての側面も持っています。その土地の景観にマッチしたデザインであることも大切です。

4.アフターメンテナンス

今までは、お客様からのクレームに随時対応するような形をとらせていただいていましたが、これからはさらに一歩進めて、定期的にお宅を訪問させていただき、ご意見・ご感想をお聞きすることも大事なことであると考えています。

5.人生設計の中の住宅

住宅の資金、特にローンについては、ほとんどお客様まかせで、お客様が銀行と直接話をされて決められるという形をとってきました。建物のことがいっぱいいっぱいで、頭も手も回らないというのが正直なところでした。
お客様にとっては、人生最大の買い物と言える高額な支払をしていかなければならないわけで、それに伴う不安はけっして小さくはないはずです。30年間、毎月支払い続けていく中で、子供も成長して進学し、クルマの買い替えもあるはずですし、それ以外にも考えが及ばない出費も出てくることでしょう。
そんな将来の不安にも対応できるために、シミュレーションして相談に乗れるようなことや借り換えの情報の提供なども考えていきたいと思います。

『人が家をつくり、家が人をつくる』(W.チャーチル)

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924