伊藤工務店社長のブログ
現在位置
ホーム > ブログ

面白くないか。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年11月29日(火)

『面白い恋人』が、『白い恋人』の石屋製菓から訴えられました。

『面白い恋人』の存在を知ったのは、今年の夏。 このブログでも紹介したことがありました。

大阪に住んでいる高校の同級生である友人が、プチ同期会の時に買って来てくれたのが最初。

「こういうやり方もあるか」と大阪人のセンスに感心しながらウケたものでした。

ウケて喜ばせてもらった手前、石屋製菓の今回の行動に同調する気にもなれず、「日本では、『赤福』の次に売れているお土産なんだから、見逃してやれよ」というのが率直な感想でした。

実際、『白い恋人』は、北海道でしか売られていないはずで競合するわけでもなく、間違えて買うこともありえないだろうし、お菓子としても『白い恋人』の方が、圧倒的に美味しいし、石屋製菓がどんな被害を被るか、イメージできません。

むしろ北海道と大阪を往復したときに、それぞれ『白い恋人』と『面白い恋人』を買ったりして、相乗効果の方が大きいのではと思ったくらいです。

新聞を読んでみると、『面白い恋人』は大阪だけではなく、東京でも売られるようになったということで、石屋製菓としても傍観するわけには行かなくなったものと思われます。

発売元である吉本エージェンシーもやり過ぎたきらいはあるような気がしてきました。

なんかシャレの効いた解決方法はないものでしょうか?

久しぶりにブログ書いちゃったけど、読んでくれるかな?

 

 

あのー。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月17日(水)

2009年11月17日から毎日、この拙ブログを一応休まずに書き続けて来ました。

今日で639日目を迎えることになります。

始めた時は、1年は毎日続けたい、という気持ちはありましたが、もちろんそんな自信は無く、『有言不実行』になるのを恐れ、本心は誰にも語りませんでした。

ブログを書き続けるなんて他愛の無いことだとは思いますが、やってみると結構これはこれで大変なものです。

特に最近では、内容的にお粗末なものも散見してしまい、無理に続けることを疑問に思うこともありました。

でもって、何が云いたいかと云うと、仕事に支障を来さないためにも、これからしばらくの間、『毎日、愚直に更新』改め『ときどき、気が向いたら更新』でいかせていただこうと考えています。

私の性格上、一度たがが緩むとどこまでも緩んでしまうため、かなりの間放置することも有り得ます。

もちろん、これでお仕舞いにしてしまうつもりはありませんが、ここで一つの区切りをつけさせていただきたいと思います。

これまで、拙ブログを読んでいただいた方々、さらに書き込んでいただいた方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に、これまでありがとうございました。

更新の頻度は落ちますが、これからも続けていくつもりでいますので、「サボりやがって」と思いながら、お付き合いいただけると幸いです。

確かなことは云えませんが、2、3ヶ月も過ぎれば、また書き続けているような気もしています。

 私がサボる替わり、隊長さんがブログを復活してくれるといいのですが。

 

 

三笠プロジェクト

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月16日(火)

 

ご案内です。

三笠市出身の世界的に有名な芸術家、川俣正氏による一大プロジェクトが、三笠市旧美園小学校を舞台に行われます。

川俣氏の作品は、木材の廃材等を用いて作られ、画像の写真が今回の完成イメージになります。

今年の冬に、三笠市で行われた川俣氏の講演会に行きましたが、川俣氏は世界中でこのような制作活動を行われており、このようなジャンルを『インスタレーション』と呼ぶことを初めて知りました。

地元の南空知では、ほとんど知られてなくて、日本では『横浜トリエンナーレ』の総合プロデユーサーを務められるほど有名で、さらに世界ではもっと有名であるらしく、いくら出身地とはいえ、三笠で、このようなビッグなアーティストがプロジェクトを行うということは画期的な出来事に思えます。

 画像の文字が見えにくい場合はこちらをご覧下さい。

川俣正三笠フ゜ロシ゛ェクト

興味のある方は、参加してみませんか?私は参加します。

 

初カップヌードルごはん

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月15日(月)

以前から食べてみたかったのだけど、北海道では販売されていなかったので、その発売を心待ちにしていました。

『カップヌードルごはん』をコンビニで見つけた時は、本州での売れ行きを思い出し、迷わず買ってしまいました。

普段、朝ご飯は食べない主義ですが、今朝、朝ご飯として食べちゃいました。

味の方は、まあまあというところでしょうか。

『仕上げ香味油』を入れ忘れてしまいましたが、私的には、ノーマルのカップヌードルを食べ終わった後のスープに冷ごはんをいれて食べる方が好きです。

とりあえずは、食べることができて気が済みました。

お盆休み

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月14日(日)

お盆の日曜日、あいにくの雨で、予定されていた子ども盆踊りも中止になってしまいました。

それで運営のボランティアも無くなったため、これはと思い、家で久しぶりに早い時間から音楽をかけて楽しんでいました。

ここのところ晴天続きで、ご近所さんが窓をあけているため、音楽を聴く気もおきないでいました。

ただ今夜は、時折、雨も止むため、焦って音量を小さくすることもしばしばでしたが。

また例によって、全裸族でいると、お腹が冷えてしまい、トイレに駆け込むこと3回。

そんな中、ジャネット・ジャクソンのこんな曲も聴いていました。

たまに奇行も目立ちますが、実はいい曲もたくさんあり、私は素晴らしいアーティストであると思っています。この曲は特に、初めてアメリカに行った時に流行っていたこともあり、思い出の一曲でもあります。

久しぶりに伊藤SOUL店を開いてみました。

似てるけど。。。

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月13日(土)

初めて、母校の合唱部OBによる定期演奏会に行って来ました。

演奏の合間、知っている人はいないかな、と思い、辺りを見回すと、見覚えのある御顔が。

母校の先生であったとはいえ、合唱部には縁もゆかりも無いはずだし、それにしては顔立ちや髪の白さがそっくりだし、恐る恐る近づいてみると、やはり高校1年の時に担任をしていただいた恩師の対馬先生でした。

あの頃は大嫌いだったのに、今では会うと嬉しい気持ちがこみ上げてくるから不思議なものです。

以前、私が予備校で働いていた頃は、旭川東高校の進路指導部長をされていて、模擬試験の営業の際には、ずいぶん“可愛がって”もらったものです。

そんな経緯もあり、高校の時はほとんど構って貰えなかった自分でも、今日お会いした時に「あんたとは腐れ縁だから」と云われると、抱き締めたくなりました。

もちろんそんなことはしませんでしたが。

それにしても、義理で行った演奏会でしたが、思いがけない再会があり、sayuriさんに誘っていただいたことを深く感謝しています。

演奏会の中身も東日本大震災の復興と鎮魂の祈りを込めたもので、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』を取り入れていてなかなか良かったと思いました。

お陰で気分も、なんかいい感じです。

来年はわからないけど。。。

『Number なでしこ激闘録』

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月12日(金)

先日の日韓戦の興奮も冷め切った今日この頃、待ち時間の間、コンビニで立ち読みをしようとしたら、『Number なでしこ激闘録』が目に入った。

手にとってページを繰ると、巻頭の文章がサッカーライターの金子達仁氏によるものだった。

なでしこが優勝した後、金子達仁は嫌いだけど、氏の書いたコラムが読みたくてスポニチを買いはしたものの、載ってなくて不思議に思ったことがあった。

氏の視点は独特で文章も秀逸、たしかスポニチには連載を持っていたはずで、優勝直後に記事を載せないなんて有り得ない、と思ったが、実は日刊スポーツに活動の場を移したらしいことを後で知った。

満を持して、氏によるなでしこジャパン優勝のエッセイが読めたわけで、満足しただけでなく、ちょっと感動までしてしまった。

日本のメディアが、とかく海外で活躍する日本人選手に甘過ぎることに触れながらも、今回のなでしこジャパンの快挙には、メディアの取り上げ方が少ない、との批判は痛快ですらあった。

さらに、私が選ぶ感動の金メダルベスト3に入るミュンヘンオリンピック男子バレーの準決勝ブルガリア戦を引き合いに出していたのにも驚かされてしまった。

締めくくり方もうま過ぎて、唸ってしまったほど。

結局立ち読みで読み切ってしまったけど、買ってしまった。

さらに今号がスゴイのは、オシムのなでしこジャパンに対する感想メッセージが載せられていたことで、実はオシムの感想もずっと聞きたかった。

他に宮間選手のインタビュー記事もあるし、買いであると思う。

それでもって、なぜ金子達仁が嫌いかというと、八塩圭子の夫だから。。。

やっぱりうまい

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月11日(木)

シャレにならない暑さの中、シャレで東千歳バーベキューでお昼を食べて来ました。

炭火が燃えているので、外よりもかなり熱い状態で、座っているだけで汗が噴き出して来ます。

それでもお客さんは多くて、ちょっとびっくりしました。

ところが、汗をしたたらせながら、必死に食べるのもなかなかいいもので、食べ終わった後はスポーツの後のような爽快感を覚えました。

一緒に行った、言い出しっぺのY野ちゃんは、食べっぷりもよく、バーベキューに決して合うとは思えないごはんを二杯もおかわりして、さらにバーベキューも写真の右の皿がそうで(左が私の皿)、ハイエナなみに食い尽していました。

夏一番の暑さの日に、東千歳バーベキューで昼飯を食べるというのも夏の楽しみ方の一つでしょう。

家に帰ってから気がつきましたが、ズボンのひざが汚れていました。私が迂闊でした。

それにしても暑い。ここのところ、家にいる時は裸族です。て云うか、全裸族です。

ナマ日韓戦

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月10日(水)

行かせていただきました。日韓戦に。

危な気のない試合展開で、香川や本田といった役者が活躍してくれて、最高に楽しめました。

座席もアリーナの最前列から5列目、センターライン付近というすばらしい位置で、テレビではわからないスピードと迫力を思い切り堪能できました。

聞くところによると、ただでさえ入手困難のチケットだったということなので、試合を生で見られただけでもラッキーだというのに最高の席で見られて、本当についています。

きっとテレビを捨てたご褒美として神様が与えてくれたのでしょう。

日本代表の試合が、札幌で観られるなんて、数年に1度しかありませんが、機会があればまた行きたいと思います。

得点を決めた香川や本田はやっぱりスターだと思います。

惜しくも決められなかった李やウッチーは、あと1歩というところでしょう。

試合前には、先日亡くなった松田直樹選手のご冥福を祈って選手や会場中の観客全員で黙とうを捧げました。

日本代表にいた頃から、やんちゃな人間性が好きでした。

心も天気も熱い一日でした。

これで日ハムも勝ってくれていればなあ。。。

面白い・・・

投稿者名:伊藤コウムテン社長 2011年08月09日(火)

大阪から帰郷した友だちのおみやげです。

空港での売り上げは第五位にランクされているそうです。

さすがは大阪です。

ウケました。

北海道に逆輸出というのが、ツボにもはまっています。

お菓子そのものは、本家とは似ていないウェーハスにクリームをはさんだものです。

このページのトップへ

「建てる楽しみ・住む喜び」をあなたに。 株式会社 伊藤工務店 お電話でのお問い合わせは 0123-86-2924